日商PC検定知識問題解説 デジタル IT仕事術

従来のアナログ仕事術に変わって現代では、IT仕事術が主流になっています。個々の仕事スキルは、随時新しいインターネット関連技術の発展とともにドンドン変化していくため、個人のレベルで常にスキルアップしていかなければなりません。

IT仕事術の大きなポイントは、紙の仕事術とは、ずいぶん変わりました。
新しい情報が追加されると、瞬時に情報が共有されてそれぞれのセクションで同時並行的に仕事が進んでいきます。
ウェブページから受注した瞬間に、経理部門、商品管理部門、営業部門の各担当者に同時に受注情報が伝わり、それぞれの業務を同時並行して行います。従来の紙ベースのように紙の書類がまわってくるまで待つ必要がありませんので早く業務が進んでいきます。

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」

デジタル仕事術(IT仕事術)は、情報の共有と同時並行処理が特徴。
スピードが速く、目に見えない仕事術
個人のスキルに依存

IT仕事術 情報の共有と同時並行処理

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る