トレーサビリティとは、IT技術を使用してトレース(追跡)していく仕組みです。
例えば、運送会社の荷物が今どこにあるのかを追跡できます。宅急便の会社では、今どこに荷物があって、いつ到着するか問い合わせができるサービスを提供しています。
狂牛病で問題になった牛肉では、流通される肉自体に個別の番号を割り振り、個別に、流通段階を管理しています。このため、病気の発生した場合も、問題のある肉とそうでない肉を区分けすることが容易になりました。
このシステムのおかげで、安心して牛肉を買い求めることができるようなっています。

特に、食品への安全管理は、消費者ニーズも高く、生産者から流通段階、小売り業界を含めて、流通の履歴を管理しておくことはとても重要になています。
ひとたび問題が起こった場合、その製品の流通在庫がどこにどのぐらいあるのかを確実に把握できることは、とても重要なシステムとなっています。

また、販売される商品だけでなく、環境問題に関する認識の高まりなどから、リサイクル家電なの管理にもこのトレーサビリティのシステムが利用されています。

トレーサビリティ

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
トレーサビリティとは、IT技術を使用してトレース(追跡)していく仕組みです。
運送荷物や牛肉の固体管理、リサイクル家電などに活用されています。

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る