Webサーバとデータ転送

インターネット上のホームページ(ウェブサイト)を見る(閲覧する、ブラウズする)ことは、実は、インターネットと接続し、ファイルの閲覧を許可しているサーバーコンピュータ内にあるホームページ用ファイルを見ているということです。
このファイルは、通常html形式のファイル形式でxml形式のファイルと同様のテキスト形式のマークアップ言語で記述されています。

そのホームページ用ファイルを見ることは、データをもらうということになります。これをダウンロードといいます。そして、ブラウザに入力するhttpという呪文(笑)は、ファイルをダウンロードしなさいという命令です。
逆に、ファイルをウェブサーバーに送ることをダウンロードの反対でアップロードまたは、転送といいます。
Webサーバとデータ転送

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
ウェブサイト(ホームページ)閲覧は、他のところにあるサーバー内のファイルを見ていることです。
サーバーからファイルのデータを取得することをダウンロード
サーバーにファイルを送ることをアップロードまたは転送といいます。
ウェブサイトに使用されているファイル形式は、主にhtml形式のファイルです。
このhtmlファイルは、テキスト形式のマークアップ言語で記述されます。

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る