IT時代の仕事術では、電子メールを使用して営業活動を行うこともすでに当たり前になっています。しかし、自社の商品を販売したいがために大量に売り込みのメールを送付するようなことは、受取人に対しては、迷惑になる場合が多々あります。
そこで、法令で一定の規制が引かれています。
電子メールに関する法令では、特定商取引に関する法律の一部を改正する法律 、特定電子メールの送信の適正化等に関する法律などがあります。
IT時代の仕事術では、これらの法規を理解し、順守(コプライアンス)していく必要があります。
法規によると、不特定多数へのメール広告は。件名欄に「未承諾広告※」と表示しなければならないと規定されています。

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
電子メールに関する法令を理解し、順守(コプライアンス)していく必要がある。
不特定多数へのメール広告は。件名欄に「未承諾広告※」と表示しなければならない

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る