OA時代とIT時代

OAはオフィスオートメーションOffice Automationの略です。
インターネットが普及していなかった時代では、パソコンやワープロ専用機や会計専用機などの機器やコピー、FAXなどを使用して事務の省力化、スピードアップを目指していました。WORDやEXCELも活用されていたのは、現在と同じです。
ただ、個々の事務処理は、便利でしたが、紙中心の仕事術のままでした。

ITは、インフォメーション・テクノロジーInformation Technologyの略です。
OA時代との大きな違いは、スピードが大幅に上がりました。
ネットワークの導入で、同時共有ができる様になったこと、通信技術の進歩で電子メールなどのコミュニケーション力がアップしたこと、パソコン等機器の高性能化で一人できる作業効率が大幅にアップしたことなどです。
そして、郵便やFAXの時代と違い通信コストや、営業コストが大幅にダウンしていきます。

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
OAはオフィスオートメーションOffice Automationの略です。
事務作業の省力化が目的で紙中心の仕事術のままでした。
ITは、インフォメーション・テクノロジーInformation Technologyの略です。
ネットワークを通じた情報の 効率利用とコミュニケーションの時代です。

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る