IT時代の仕事術では、電子メールを有効に活用することが必要です。
電子メールは、紙の手紙やDMと違い、形式的な挨拶は、簡略化され、段落ごとに行間を空けるなど、読み手に情報が伝わりやすく、かつ、失礼のない文章を心がける必要があります。
また、末尾には、差出人の情報を掲載することになります。
この、差出人の情報を、毎回入力していては、手間がかかります、また、入力ミスの可能性があります。このため、事前にテンプレートとして電子メールに登録することができます。この内容を「署名」と呼びます。

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
署名は、電子メールの末尾に掲載される、定例の差出人情報。
通常、差出人名や電子メールアドレス、住所や電話番号、ホームページのURLやその他情報を記載します。
電子名刺と混同しないように。

署名(電子メール)

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る