IT時代の仕事術では、組織内で共有されるサーバーコンピュータ内に情報ファイルが保存されます。
この時に、保存されるデータ量や利用目的、組織内ルールによって保存に使用するアプリケーションソフト(俗称アプリ)や保存単位が変わります。
例えば、200件程度の少数の顧客データがある場合。
データ量が少ないので、保存に関しては、WORDでもEXCELでもACCESSなどのデータベースソフトでも問題ない。しかし、このデータを次にどう活用していくのか?または、今後データ量は、どのぐらい増加するのか?によって、使用するアプリケーションソフトは、変わってきます。
また、「名前」「住所」「売上」など個々のフィールドごとにどう扱うのかによっても使用するアプリケーションソフトが変わります。

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
200件の顧客データがある場合、活用アプリケーションソフトは、WORD、EXCEL、ACCESSなど多種類考えられるが、利用目的と利用単位で選択する。
利用ソフトと保存単位利用ソフトと保存単位

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る