データを保存したり、移動したり、配布するときに、そのままでは、容量が大きすぎる場合や複数のデータを一括にまとめた方が取り扱いやすいような場合に、データを圧縮します。
また、圧縮されたデータを元に戻すことを解凍と呼びます。
WORDやEXCELなどのファイルやその他のファイルをフォルダごとまとめて圧縮する形式には、ZIPやLHA、LHZと呼ばれる圧縮形式ががよく使用されています。これらは、解凍し、もちろん元に戻すことができます。
複数のファイルを一つのフォルダにまとめて圧縮すると関連性のあるファイルやフォルダを整理した形のまま電子メールなどでデータを送付することができます。これらは、とても便利な方法なので広く使われています。
また、写真や音楽、動画などのファイルは最初から容量を圧縮して小さく圧縮して利用されています。人間の目には、違いが分かりにくい細かい範囲や人間の耳には聞き取りにくい高音や低音の範囲などを間引いててしまうことで、ファイル容量を減らすことができます。
間引いても特に問題がない場合には広く利用されています。

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
WORDやEXCELなどのファイルやその他のファイルをフォルダごとまとめて圧縮する形式には、ZIPやLHA、LHZなどがよく使用されます。逆に解凍もできます。
データ量を縮めることを圧縮
データを元に戻すことを解凍

これらの方法以外に
写真はJPEG(.jpg)
イラストは、GIF
音楽は、MP3
動画は、MPEG、MP4

などがよく使用されています。
これらのものは、元に正確に戻すことはできません。
しかし、人間にとって特に問題となるほどのこともありません。

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る