インターネット回線は、技術の進歩が目覚ましく、高速化が急ピッチで進んでいます。
この結果、従来では考えられなかった、鮮明な動画を簡単に送受信できるようになりました。
インターネット回線は、電話線中心の低速ナローバンドと光ファイバーケーブル中心の高速ブロードバンドに分けられます。
ナローバンドは、一般の電話回線をそのまま使用 し、5k bps程度のスピードしかありません。主にテキストメールを中心に利用されています。 ISDNのデジタル回線を使用する場合は、 64k bps程度です。こちらもテキストメール程度の利用とテキストデータ中心のホームページの閲覧程度の利用にとどまります。
ブロードバンドは、ADSL(電話回線での高速利用)1M~50Mbps程度ですが、十分にホームページの閲覧や各種インターネットサービスを利用できます。
FTTH(光回線、光ファイバーケーブル)100Mbps以上の高速回線です。現在の主流で動画による配信が便利にスピーディーなりました。
次世代ネットワーク NGN (Next Generation Network)は、ギガ単位で、より高画質な情報やリアルタイム情報をTV並みに配信できるようになるでしょう。
インターネット回線

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
インターネット回線は、ナローバンドブロードバンドがあります。
現在は、ブロードバンド時代です。
速度の計測単位は、bpsです。

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る