電子商取引の市場は、
B to C
B(ビジネス、企業、団体)とC(カスタマー、消費者、個人)
B to B
B(ビジネス、企業、団体)とB(ビジネス、企業、団体)
C to C
C(カスタマー、消費者、個人)とC(カスタマー、消費者、個人)
G(公官庁)が参加するものもあります。
一番大きな市場は、B to Bです。次がB to Cです。

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
Bは企業、Cは個人
B to B > B to C

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る