XMLファイルとEDIその3

前項では、CSVファイル形式の利用とデメリットの内容でした。
IT時代の仕事術では、このcsvファイル形式の不便を解消し、より便利で効率的な仕組みを作ろうということで、新たにXMLファイル形式を採用したEDI(企業間電子商取引)が活用されるようになってきました。
XMLファイル形式の交換では、タグと呼ばれる仕組みでお互いの企業内ルールにより不一致であった項目やデザインも容易にデータ交換できるようになりました。今後、1対1の企業間だけでなく、業界全体などもっと大きなくくりでのXML/EDI共通化の使用が増加していきます。

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
今後、1対1の企業間だけでなく、業界全体などもっと大きなくくりでのXML/EDI共通化の使用が増加。
電子商取引のメリット
商取引業務のスピードアップ
業務効率アップによるコストダウン
郵便、通信、印紙税などの節約
FAXなど紙媒体業務によるミスを減らせる
取引チャンネル拡大
調達コストダウン
XMLファイルとEDIその3

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る