アウトライン

アウトラインは、一般には、物事の概要を示すことですが、IT用語では、データの詳細表示や概略(見出し)を簡単に切り替える方法を示します。
EXCELやWORD、PowerPointでは、このアウトライン表示が簡単に利用できるように用意されています。
EXCELでは、データの集計結果を合計欄だけに縮めたり、詳細も表示したりアウトラインで切り替えが簡単にできます。
WORDやPowerPointでは、見出しだけの表示(目次のような状態)と詳細内容の表示とにクリック一つで簡単に切替できます。
下図の例では、果物総計と野菜総計の左側+ボタンをクリックすると詳細が展開する。

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
アウトラインは、データの詳細表示や概略(見出し)を簡単に切り替える方法を示する。
エクセルのアウトライン

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る