XMLファイルとEDIその1

アナログOA時代の仕事術では、コンピュータは、ワープロや経理計算を単機能として使用していただけです。現在でも多くの会社でまだ、そのままのところが多く残っています。
下記の図の通り、例えば、お店から商品の注文をメーカー宛てにFAXします。FAXを受け取ったメーカーでは、その内容を受注データーとしてコンピューターに打ち込み納品書を作成します。そして、その一部を経理部署に回し、経理部署でも再度売上伝票として入力していました。締日を過ぎるとメーカーからお店に請求書が送付されてきます。お店では、その内容を今までの納品データと精査しながら、支払いのための経理処理や銀行への振込依頼書を作成しなければなりません。お店とメーカーどちらも多くの作業を費やす必要があります。忙しいですね!

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
アナログ時代は、紙の書類中心の仕事。OA時代のコンピュータは、単機能にしか活用されていない。
XMLファイルとEDIその1

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る