IT時代には、インターネットの特性を生かした新たなマーケティングが生まれました。
ワンツーワンマーケティング (One to One Marketing)
顧客との間で1対1の対応をとる手法で、顧客一人一人のニーズやウォンツ、価値観などに沿った対応をするマーケティングです。
パーミッションマーケティング (Permission Marketing)
一定の約束をして、許可を取ってから行う広告宣伝などのマーケティング活動。
例えば、アンケートの協力してくれた人には、ポイントの付加を行うサービスや許可のある人にはメールマガジンを送付する。顧客属性(年齢、性別、趣向や、職業など)に合わせた層をしぼってアンケートや広告活動を行うことで効果アップを目指します。
ロングテールマーケティング (Long Tail Marketing)
従来のマーケティングは、売り上げの上位80%を占める主要製品、商品に注力して業績の検討をしていましたが、インターネットでは、売れ筋でない商材、少しずつしか売れない商材が、合計するとかなりの金額になるという特殊な市場を形成するという理論です。
ロングテールとは、長い尾っぽの意味で、売り上げのグラフが低い商材のグラフが長く続き、合計すると大きな金額になります。従来の事業では、赤字になる分野ですが、インターネットでは、コストが極端に低いので採算が取れる様になりました。

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
ワンツーワンマーケティング (One to One Marketing)
パーミッションマーケティング (Permission Marketing)

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る