LANとインターネット

社内LANやイントラネットのパソコンなどの機器は、ルータを通してインターネットの世界へつながっていきます。
この方法により、社内のどのパソコンからもファイルの共有や、周辺機器の共有に加えて、インターネットへ接続することができるようになります。

ルーターは、社内のLANなどの通信を制御するDHCPサーバー機能とインターネットへの接続機能とを兼ねています。ルーターから光回線などに接続して外部とつながっていくわけです。
今では、世界中のパソコンがこの方法でインターネットという仕組みにつながっています。

ルーター機能

最近では、ルータも無線機能を備えたものがどんどん増えています。
家庭などLANケーブルの配線をしたくない場合には、とても便利ですね。また、スマホやタブレットなど持ち歩く機器にもとても便利な方法です。
この無線LANの仕組みで代表的でもっとも利用されているシステムをWIFI(ワイファイ)といいます。WIFIは、機械の名前ではなく無線LANの方法仕組みのことを指します。
これらを経由する情報のスピードは、bps(ビーピーエス)と呼ばれる尺度で計測されます。

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
ルーターの機能
DHCPサーバー機能で社内のネットワークを制御
インターネットとの接続機能

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る