IT時代の仕事術では、デジタルならではの利便性を活用できます。
ドリルダウンは、データベースでのデータの掘り下げを意味します。
例えば、EXCELのピボットテーブルで作成された集計の一部をダブルクリックすることで、その位置に関連のある元データの詳細を別シートに自動的に反映して確認することができます。詳細データを簡単に掘り下げて表示する事ができます。

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
EXCELのピボットテーブルでは、集計結果をダブルクリックすると、ダブルクリックした位置の元データが瞬時に新しいシートに表示される仕組みになっている。
このようにデータを掘り下げて表示し検討できる仕組みをデータのドリルダウンといいます。

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る