IT時代の仕事術では、 WORDやEXCELなどのオフィスソフトの「回覧機能」で複数の人がかかわれるようになります。グループウェアなどでスケジュールを調整しながら作業を進めていきます。WORDやEXCELなどのオフィスソフトには「校閲」という機能があり、修正や検討を加えるところにコメントを挿入したり、変更の履歴を表示したりする機能があり、最終文書へ向けて多人数で調整できる機能があります。
このように、複数の人が会議などの特別の時間を割くことなく、日常業務の空きを利用して共同プロジェクトを進められる仕事術が可能になってきました。

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
WORDやEXCELなどのオフィスソフトには、「回覧機能」で複数の人がかかわれる校閲の仕組みが用意されている。

回覧機能による共同作業

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る