デバイスドライバーとは、デバイスドライバーまたは、単にドライバーと呼ばれるソフトウェアのことです。
周辺機器(プリンターやデジカメ、スキャナー、モニター、マウス、キーボードなどのハードウェア)とパソコンの間で、スムーズに利用できるように調整をするソフトウェアです。
例えるなら、パソコンと周辺機器とは、言葉が違うので信号のやり取りをするために、通訳をしてくれるソフトウェアが必要です。このような働きをデバイスドライバーを行います。
現在では、難しい設定は、ウィンドウズなどのOS側でほぼ自動化されているので気付きにくくなっていますが、このデバイスドライバーがないと正常に周辺機器が作動しないので重要な存在です。
通常購入したハードウェアの梱包内にドライバーインストール用CD-ROMなどが入っており、円滑に周辺機器を利用できるように用意されています。最近では、インターネット経由でこのドライバーを配布するサービスを行っているメーカーもあります。

デバイスドライバーの助けが必要

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る