Office2019バージョンでの試験開始と合格証の変更について。

Office2019で試験が受けられます!

2021年1月12日(火)の試験日から、日商PC検定では、オフィス2019のバージョンでも試験が受けられるようになりました。
ご希望の試験会場に確認して2019に対応できるのか確認してから受験申し込みをしてください。
Microsoft officeは365シリーズが企業中心に広くいきわたるようになりましたので、職場では、2019を使用している方も多いのではないでしょうか?
アプリケーションの使用方法は、2016とほとんど同じですので、今後のことを考えて今から受験学習をする方は2019で学習されるのがよいでしょう!
受験に注意する点は、名前を付けて保存の画面です。
慣れれば問題ないと思いますが、本番の試験では、試験用PCのドキュメント内の「PC検定」というフォルダ内に保存することになっていますが、企業などで利用しやすいように2019バージョンでは、クラウド内に保存することを主に保存画面がデザインされていますので保存場所を間違えないように気をつけましょう!

なお、officeは32ビット版のみが試験対象となっていますが、世の中のほとんどのofficeが32ビット版なので特に気にすることはないでしょう。

試験の実施できるwindowsとofficeのバージョンは、以下の通りです。

試験可能なバージョン

日商PC検定の合格証がダウンロード方式に変わります。

ーーーーー日本商工会議所からの連絡文抜粋-----
2021年4月1日(木)試験実施分から、現在のカードタイプの合格証を取り止め、デジタル合格証(試験結果画面または同画面を印刷した用紙からQRコードを読み込み、合格者自身のスマートフォンやタブレット等に合格証をダウンロードしていただく方式)に変わります。-----

 

合格すると、PC画面に合格画面が出てきますが、ここにQRコードが表示されますので、試験会場で印刷してもらって、スマホなどでQRコードを読み取ることで即日、合格証を受け取ることができるようになります。アナログ合格証からデジタル合格証への変更です。時代の流れですね。

このように、まさにデジタル化の進むスピードがアップしてきた今、日商PC検定の知識問題にも、テレワークやクラウド活用、などの問題が増えてきました。基本は、アナログ仕事術とデジタル仕事術の違いをよく理解することが必要です。
詳しくは、 アナログ仕事術のページ と デジタル仕事術のページ をご覧ください。

 

日商PC検定合格画面

 

新しいバージョンで気分も新たに新年から合格といきたいですね!
めでたし! めでたし!

主任講師 八田 仁