日商PC検定プレゼン資料作成1級に合格して

日商PC検定プレゼン資料作成1級試験の合格証が届きました。

これで、3科目すべて制覇できました!

日商PC検定1級試験は、年に2回しか試験日がなくて

最短でも1年半かかるので準備期間も入れると長丁場です。

こんなに苦労して取得するほどの価値があるのか?

と思う方も多いでしょう。

また、日商PC検定1級試験なんて無理と思っている人も多いのでしょうか?

しかし、努力する価値はかなり高いです!

日商PC検定プレゼン資料作成1級合格証

日商PC検定1級合格の価値

日商PC検定1級試験は、合格者がとても少ないことが逆にとても魅力的なのです!

新聞の求人広告のチラシや職業安定所の求職案内、ウェブの求職サイトなどは、

募集している相手が存在することがわかっているから募集しているのです。

要するに該当する人は、たくさんいるだろうということで募集しているんですね。

ということは、

代わりの人が補充しやすく、同じ業務をできる人が多いほど、給料は、上がりにくく過当競争になります。

しかし、日商PC検定1級取得者は、とても少なく、

日商PC検定1級合格者は、代わりの人がほとんどいないので

希少価値の人材ということになります。

よって、価値の高い職位や業務に付ける可能性がかなり上がることになります。

次は、あなたが日商PC検定1級試験にチャレンジする番です!

日商PC検定1級試験受験の条件

では、日商PC検定1級試験に合格するためには、どうすればよいのでしょうか?

まず、実技試験は、最低2級試験の問題ができる人が条件になります。

できれば、2級試験に高得点(85点以上)で合格している人がチャレンジすべきです。

もし、あなたが85点以下だっとしても、85点以上のレベルにランクアップすればもちろん問題はありません。

1級試験の実技は、2級程度の難易度で少し問題が複雑なため、2級試験で余裕あるレベルが必要です。

 

ただし、データ活用だけは、かなり難易度が上がります。

よって、文書作成1級から受験するんのがよいでしょう。

 

もう一つ、知識問題ですが、学習時間のほとんどを知識問題に充当する必要があります。

一言でいえば、2級までの知識問題の内容を、自分がセミナー講師になって

生徒さんに説明できるぐらい、知識問題について深めてください。

そのレベルになれば、合格は、間違いありません。

 

セミナー講師レベルというのは、大変に思えるでしょうが

自分がセミナー講師レベルになっている未来を想像すれば

仕事がかなりできる人であることも想像できるはずです。

あなたは、セミナー講師レベルの実力を身につけた素晴らしいビジネスマン(ウーマン)になってるのですから。

あなたの未来は、素晴らしいものとなるでしょう!

あなたの素晴らしい未来のために 日商PC検定1級試験にチャレンジしてください!

 

日商PC検定合格道場
八田 仁

 

日商PC検定1級試験対策は、こちらです!コースと授業料講師紹介合格者の声お問い合わせ