パレート図の問題が出る日商PC検定データ活用

パレート図とは、パレートの法則を活用したグラフ図のことです。
イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートの発見によると、経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出していると定義しました。この割合が、80:20なので80:20の法則とも呼ばれています。
パレート博士は、自身が園芸家でもあったので、自分で栽培しているエンドウ豆の収穫を調べると20%の鞘から全収穫量の80%が収穫できたことからこの法則を見出したと言われています。

パレートの法則では、
全売り上げの80%を20%の営業マンが生み出している。
全売り上げの80%を20%の商品が生み出している。
大企業の売上は、全体の80%を占めるが、企業数は、中小企業が80%を占めている。
など、いろいろな経済統計結果が示されます。

このパレートの法則を活用して事業の活動実績を分析し事業活動において最も需要な20%の項目を表すために「パレート図」が考案されました。

日商PC検定でパレート図は、実技問題では、データ活用2級に出題されます。
知識問題では、3級の試験にも出題される重要なキーワードですので、よく理解しておきたいですね。

日商PC検定に出題されるパレート図の具体例

実際の問題とは、違う内容の例題ですが、問題解答に至るパターンは、同じですので以下を参照してください。

以下のEXCELの表は、あるお店の果物の売上の一覧です。
個々の果物の売上構成比をまず絶対参照(割り算の分母である合計セル番地に$を入力します。)を使用してD列に計算します。

次に、果物別の売上の多い順に表をソート(並べ替え)します。

そして、E列に「構成比累計」を追加して、売り上げの多い果物から構成比を加算していきますと、この表では、バナナとみかんの2種類だけで80.1%の売上を出していることがわかります。残りの19.9%の売上が他の果物の売上になります。

そして、この、果物名、売上金額、構成比累計を複合グラフ(2軸上の縦棒と折れ線グラフ)にしたものがパレート図になります。

構成比の数値は、売上金額と比較するととても小さい数値なので、左側の第1軸だけでは、ほとんど目盛りがゼロになってしまうので見えなくなります。そこで第2軸に構成比専用の目盛りを作成します。

パレート図グラフ

このグラフ図からも、80%の売上を超えているのは、バナナとみかんの2種類の合計の時点であることが読み取れます。

日商PC検定1級試験対策は、こちらです!コースと授業料講師紹介合格者の声お問い合わせ

 

2022年7月16日
日商PC検定合格道場
八田 仁